プジョー新型「308」がついに現る

広告

2013/09/03
プジョー新型「308」は以前にも紹介したがあらたな情報が出てきている。

詳細はフランクフルトモーターショーで公開される予定だが分っている内容は次の通り。
シャーシはEMP2プラットフォームを用いて先代よりも140kg軽量化を果たしている。その中にはアルミボンネットやアルミのサスペンションパーツが含まれる模様だ。ボディーサイズは全長4253mm×全高1457mm×全幅1804mmとなる。

装備もかなり先進的で上位のグレードはLEDヘッドライトとテールライトを採用する。また「Peugeot i-cockpit」と呼ばれる9.7インチタッチスクリーンを採用し車の操作する機能を集約していることにより操作ボタンを劇的に少なくしている。

エンジンは次の種類が搭載される予定のようだ。
・ガソリンエンジン
 1.2L3気筒、81bhp
 1.6Lターボ、153bps
 1.2Lターボ、108bps、128bpsは遅れてデビュー
・ディーゼルエンジン
 1.6L、91bps、113bps、118bps
 2.0L HDi、148bhp「BlueHDi」
ミッションは6MTと6AT(アイシン製)となる模様。

↑ 新型プジョー「308」のフロント画像、前回お伝えした時とさほど変わっていない印象、あまりプジョーという印象が無いフロント部分、しかしスッキリして飽きがこないデザイン、画像はネット上から拝借


↑ 新型プジョー「308」のサイド画像、こうして見るとサイドのキャラクターラインは結構彫が深いようだ、全体的に非常にコンパクトな印象を受ける、リアドアのノブやウィンドウの処理はオーソドックスな手法、画像はネット上から拝借


↑ 新型プジョー「308」のリア上方画像、斜め後ろから見るとリアフェンダーのキャラクターラインが効果的に思える、テールの処理はフランス風ではなく無国籍な印象、最近のハッチバックらしくリアウィンドウが小さい、ハッチバック下部が凹んでいてがま口のようだ、画像はネット上から拝借


↑ 新型プジョー「308」のリア下方画像、下から覗き込んだ角度だとリアバンパーにボリュームがありスポーティーに見える、特にマフラーは見えておらずどのように処理されているのかは不明、タイヤがかなり太い印象かつ面イチでカッコ良い、画像はネット上から拝借


↑ 新型プジョー「308」のインパネ画像、今回ご自慢の「Peugeot i-cockpit」を備えるインパネ、センターコンソールの一番上部のWindows8のようなタイルが表示されている部分がそれ、その下にはCDのスリットが見える、さらにその下には空調の表示が見えるがスイッチらしきものは見当たらない、パーキングはGolf7のようにスイッチ式のようだ、208と同様メーター部がかなり高い位置にあるデザインこれは少し圧迫感がある、全体的にすごくすっきりしている、画像はネット上から拝借


↑ 新型プジョー「308」の「Peugeot i-cockpit」その1、これは空調コントロールのようだ、タッチパネルになっておりスイッチの数を減らしている、個人的にはブラインドタッチできないので機械式のつまみが付いているのが好ましいと思う、画像はネット上から拝借


↑ 新型プジョー「308」の「Peugeot i-cockpit」その2、オーディオコントロールだと思われる、これが良いのかどうかは使ってみないことには何とも言えないと思う、サードパーティーのオーディオは搭載できなくなってしまう、一時期の日本車でも専用のオーディオが装備されていたことがあって交換ができなかった、画像はネット上から拝借


↑ 新型プジョー「308」のサイズ、ちょっと見にくいが全長4253mm×全高1457mm×全幅1804mmとなっていてそれほど大きいわけではない、画像を見る限り幅がありそうに思えた、画像はネット上から拝借



全体的にプジョーが総力を挙げてCセグメントハッチバックを作った印象を受けた。外観も内装もかなり詰められたデザインのように見受けられるので実物が登場するのが楽しみな車だ。
サイズも日本で使うのにそれほど大きくないので、宣伝や価格によっては人気が出るのではないかと思う。


今日はこのへんで

では



ポチっと応援お願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ポチポチっと応援お願いします

人気ブログランキングへ
広告

ポチっと応援お願いします
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

ポチっポチっと応援お願いします

人気ブログランキングへ

おすすめ記事

Previous
Next Post »
広告