日本でもメルセデスCクラスが発売になりましたね:その2

広告

前回も書いたように全世界で鳴り物入りでデビューしているメルセデスの新型Cクラス。試乗はまだですが、さっそく見学に行って来たので忘れないうちに書いておくことにします。

ショールームで外観をチェック、やはりフロントはAクラス、そしてリアはミニSクラスといった風情です。新型Aクラスから始まる一連のメルセデスの車作りはパターンが定着したらしく手慣れたもので、今回の新型Cクラスにも色濃く受け継がれているみたいです。

ショールームに置いてあったのは素のC180とAMG Lineの2台でしたが、前から見るとまるでAクラスと区別が付きません。このAクラスのようなフロントのデザインは歩行者保護の観点から必然的にこうなっているのだとは思いますが、ボンネットが分厚く見えて好きになれません。まだ日本には入ってきてませんが、「Exclusiv Line」ではもう少しマシに見えます。


サイドのキャラクターラインは2本あり、上側は後ろへ行くにしたがって下降するライン、下側は反対に後ろへ行くにしたがって上昇するラインとなっています。この2本のラインの間にドアの膨らみのピークがあり少しうるさい感じがします。


反対にリアのフェンダーからトランクにかけてのラインは非常に洗練されたエレガントなラインを形造っています。トランクリッドの後端は別体のスポイラーなんかではなくトランクリッドが少し後ろへ伸びたSクラスと同じ造形をしています。後付けパーツなど用いなくてもこれだけ表現できているリアに対してフロントはどうしてこんなに違うのか理解できません。
ルーフからトランクリッドへかけてのラインはCLAクラスと相通じるもので、トランクリッドにリアガラスがめり込んだ形状をしています。個人的にはこれはこれで結構好きだったりします。
ただしAMG Lineはバンパーに穴が開いていてあまりエレガントではないですね。

内装はこれまたAクラスのような印象を持つものですが、細部はかなり異なります。全体的にはいぶし銀という感じではなく少しうるさいくらいにクロームを多用して光物が非常に多くなっています。これで豪華に見せる演出をしているのかどうかは分かりません。

ボディーサイズからしてそれほど大きくは無いので室内もそれなりの大きさです。が、このクラスではちょうど良い感じではないでしょうか。後席足元もそれほど狭い感じは無いので十分使えそうです。

カタログをもらって帰ったので読んでいると、やはり安全装備についてはさすがの力の入れようです。特にビックリしたのがクロスウィンドアシストと呼ばれる横風補正機構です。横から風を受けてコースを外れそうになると片側のブレーキを作動させて正しいライン上に戻そうとする機構でドライバーがステアリングで補正を行うと制御が外れます。同様の仕組みが確かフォードにも付いてましたね。

一つ気になるのがC180にしても、C200にしてもそれほど馬力が出ている訳ではないのでパワフルという感じではないことでしょう。トルクはかなりゆったりと出ているので、どちらかというとトルクでゆったり走って燃費を稼ぐといった感じでしょうか。走るのはC250やAMGモデルに任せるという事なのでしょう。
いずれにしても新型Cクラスはディーゼルが入ってくるのを待っていた方がよいかもしれません。ガソリン車よりも燃費が良く、さらに良く走るようになっていると思われます。


今回はこのへんで

では



ポチっと応援お願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ポチポチっと応援お願いします

人気ブログランキングへ

広告

ポチっと応援お願いします
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

ポチっポチっと応援お願いします

人気ブログランキングへ

おすすめ記事

Previous
Next Post »
広告