ALPINA「D3 BITURBO」は孤高のディーゼルモデルだろうと思う

広告

2014/08/12
世の中ハイブリッドやらFCVやらディーゼルやら様々なパワープラントが賑やかだ。

昔々ある所に4WD好きな青年が住んでおりました。その青年は4WDの重量のあるボディーにはディーゼルターボのトルクフルなエンジンがベストマッチだと考えていました。実際車は4WDやワンボックスに変わりましたが、その都度ディーゼルターボのモデルを選んだおかげで楽しく軽快に車を走らせることができましたとさ。

ということでこのお話は私自身なのである。若い時はラリーに没頭したが、その後は趣味の自転車活動に合わせて4WDやワンボックスの大きくて重い車を選ぶことが多かった。その時の体験でディーゼルは少し振動と回転が上がらないこと(レッドゾーンが低い)を除けばトルクフルで回さなくても快適な移動ができるということ体験していた。

ここのところディーゼルの車が話題に上がることが多い。近年東京都が規制をしたおかげで日本国内ではディーゼル乗用車が衰退していたが、マツダのスカイアクティブDを皮切りにディーゼル乗用車が見直されつつある。それまでも三菱や日産からもクリーンディーゼルという触れ込みでディーゼルエンジンは出ていたのだが、なんと言ってもマツダのスカイアクティブDがディーゼルエンジン復権の立役者なのだ。さらに2014年末(ひょっとしたら9月?)までには1.5Lのデミオディーゼルも発表されて小排気量ディーゼルエンジンについても先鞭を付けることになる。

こうしたディーゼルエンジンへの関心の高まりは皆さんも同じように感じていることだろう。ご存知のようにディーゼルエンジンはヨーロッパではCO2の排出量が低いということで環境に優しく燃費が良いと、我々が思っている以上に普及している。そこで輸入車でもディーゼルエンジンを搭載したモデルは近年種類を増やしている。メルセデスやBMWにも当然ラインアップがある。

ここで本題に入ろうと思うが、ALPINAというブランドについて個人的に感じているところを書いておく。ALPINAはBMWのチューナーとして1960年代に設立されたブランドだ。現在ではBMWの正規ディーラーでも扱う、つまりメーカー公認のチューナーなのだ。私が若い頃のAPLINAはパワー競争の最中ではあったが、他のメーカーよりもエレガントな雰囲気を醸し出したお上品なチューナーだった。これ見よがしな外装は全く無く、ALPINAと書かれたラインが車を一回りしていて控えめな空力付加物が付いていた。一番のポイントはホイールだった、フィン形状の美しいシルエットを持つアルミホイールをお上品に履いて、これまたお上品な車高設定で非常に大人の車という印象だった。

そんなALPINAが手掛けるディーゼルエンジンモデルは2003年に初代のD3が日本に導入され、早くからディーゼルモデルを手掛けているのは先見性があったのだろう。現行の「D3 BITURBO」はそれがよりブラッシュアップされ、ガソリンエンジンではめったに見ることのない高トルクを実現している。

まずスペックを見てみよう。

サイズ:全長4645mm×全幅1810mm×全高1445mm
重量:1660kg
エンジン:直列6気筒3.0Lツインターボ、ディーゼル
最高出力:350PS
最大トルク:71.4kgm(1500-3000rpm)
ミッション:8AT(SWITCH-TRONIC)
タイヤホイール:MICHELIN Pilot Sport前245/35ZR19(ALPINA CLASSIC/8J×19inch)、後265/35ZR19(ALPINA CLASSIC/9J×19inch)
0-100km加速:4.6秒
最高速度:278km/h
燃費:17.0km/L(JC08)

このスペックを見てビックリするのは、めったに見ることのないトルクの数値とその発生回転数だ。これは今までのドライビング感覚は全く捨て去らないとドライビングできないに違いない。もちろんパワーも尋常ではない数値を絞り出している。それでいてJC08燃費が17.0km/Lとは恐れ入る。ちなみに価格は977万円(税込)なのだ。少しオプション料金を足せば右ハンドルを選べるのは非常に良心的だと思う。この価格はこのスペックにして非常にリーズナブルではないだろうか。


↑ ALPINA「D3 BITURBO」左がLIMOUSINE右がTOURING、フロント画像、真正面から見るとそれほどノーマルの3シリーズと変わるところが無いように見える、フロントのスポイラーも控えめなモノだ、さりげなくALPINAの文字が入るのは大昔から変わらない、画像はメーカーサイトより拝借


↑ ALPINA「D3 BITURBO」左がLIMOUSINE右がTOURING、リア画像、リアもノーマルとはそれほど変わりない、唯一マフラーが左右振り分けの4本出しが目立つくらいだ、これが左右2本出しなら全く気付かないかもしれない、画像はメーカーサイトより拝借


↑ ALPINA「D3 BITURBO」右がLIMOUSINE左がTOURING、サイド画像、サイドから見ると大径ホイールが美しい、掃除は大変かもしれない、フロントのスポイラーもリアのスポイラーも非常に目立たないところが玄人好みなのだ、画像はメーカーサイトより拝借


↑ ALPINA「D3 BITURBO」インパネ画像、気を付けて見ないとノーマルとの違いが判らないほど自然なインパネ、ステアリングホイールは真円となっている、ここも玄人好み、空調の下に製造プレートが貼ってありシリアル番号が入る、画像はメーカーサイトより拝借


↑ ALPINA「D3 BITURBO」メーター画像、こんな速度計のディーゼル車が合ってよいのだろうか、最高速度278km/hの実力だ、回転計がディーゼルしている、いかにも精密そうなメーターとなっていてここにもビックリするようなギミックは全く無い、本当に渋いメーカーだますます好きになってしまった、画像はネット上から拝借


↑ ALPINA「D3 BITURBO」ホイール画像、19インチのALPINA CLASSICホイール、キャリパーはそれほど大きくないようだ、ディスクも穴が開いている訳でもなくプレーンなディスクとなっている、車高についても低すぎず高すぎず渋いセッティング、どこまでさりげないのだろう、画像はメーカーサイトより拝借


↑ ALPINA「D3 BITURBO」エンジン画像、ボア84.0mm×ストローク90.0mmの2992ccの直列6気筒エンジン、正直なところこの車を欲しくなってしまった困ったことだ、画像はメーカーサイトより拝借





おいそれとは手が出ない価格帯の車だが、これだけの高性能を見せびらかさない非常に玄人好みの車だと思う。お金があったらこの車をファーストカーにしてしまうのではないかと感じた。それほどさりげなく乗れるし、大トルクで時々楽しむこともできる正に夢のような車ではないだろうか。
うーん本気で欲しくなってしまった、困ったことだ・・・。



今回はこのへんで


では





ポチっと応援お願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ポチポチっと応援お願いします

人気ブログランキングへ

広告

ポチっと応援お願いします
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

ポチっポチっと応援お願いします

人気ブログランキングへ

おすすめ記事

Previous
Next Post »
広告