スバル新型「レガシー アウトバック」が発売された、その気になる「STARLINK」という機能

2014/10/28
2014年10月24日にスバルから新型「レガシー アウトバック」が日本でも発売された。

既にアメリカでは発売されているのでニュースも伝わってきており、それほど目新しいという印象は無いが細かい部分を見ているとイロイロ発見がある。

今回はナビゲーションで面白いものを発見した。スバル新型「レガシー アウトバック」の純正ナビゲーションは、あまり目立たないが凝った機構を採用している。





↑ スバル新型「レガシー アウトバック」の外観画像、少し垢抜けた印象の外観、基本的にキープコンセプト、アメリカではこのタイプがえらく受けるのだ、画像はメーカーサイトより拝借



↑ スバル新型「レガシー アウトバック」のコックピット画像、かなり作り込まれた印象のあるインパネ、質感がしっかりあり安っぽくないところがマル、センター部分がタッチ式のナビと空調周り、画像はメーカーサイトより拝借



↑ スバル新型「レガシー アウトバック」のナビ画像、何ができるかというと「SUBARU STARLINK」と「Mirror Link」を搭載していてユーザーのスマートフォンとの連携が強化されている、画像はメーカーサイトより拝借




車載ITの覇権争いは今年に入ってから激しいものとなっている。MicrosoftにGoogle、それにAppleか参入している。またその動きと協調する動きや独自の動きを見せているのが各自動車メーカーの純正ナビなのだ。車載のナビは車とユーザーのマンマシンインターフェースの一部として非常に重要な位置を占める。ここを押さえとかないと将来ややこしいことになると認識しての動きがある。トヨタは今年になって純正ナビの内容を一新させて、アプリが動くようになっている。今回のスバルの純正ナビもそういう方向性だと思う。
今回の新型「レガシー アウトバック」のナビを見てみると通信連携機能が強化されている。
まず、「SUBARU STARLINK」ではユーザーのスマートフォンに仕込んだアプリと連携して様々な事が出来るらしい、ここはもう少し情報を集めてみる必要がある。アプリの種類が充実してくると面白いと思う。トヨタのようにナビに直接専用アプリを入れるわけではないのでつぶしもきくのだ。
「Mirror Link」は汎用の規格だがスマートフォンとナビを双方向でリモコンのように使える規格だ。これも実際の利用シーンでは便利な装備だろう。

ナビの機能は新型車の発表時にそれほど大きく報道はされないが、ここに車載ITの戦略が見え隠れするところが面白い。今回の新型「レガシー アウトバック」のナビではMicrosoftもGoogleもAppleも出てこない。トヨタとスバルは独自の道を行くようだ。


今回はこのへんで

では



ポチっと応援お願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ポチポチっと応援お願いします

人気ブログランキングへ

最近話題のグループR規定、例えばヤリスR1なんて1台欲しい

2014/10/16
なんでも来年の国内ラリーにはFIAグループR規定の車両が参加できるようになるということだ。

このグループR規定というのはR1~R3まであり様々な車が登録されている。例えばシトロエンDS3(R1/2/3)、フォード・フィエスタ(R1/2)、アバルト500(R3)、プジョー208(R2)、ホンダ・シビック・タイプR(R3)、ルノー・トゥインゴ(R1/2)、クリオR.S.(R3)、オペル・アダム(R1/2)などだ。ヨーロッパではコンパクトな面白そうな車が並ぶ、日本に入っていない車も多い。もちろん86にもR3マシンが存在する。
今回紹介するのはR1のヤリスだ。日本ではヴィッツという名前で全日本ラリーでも活躍している。

ではスペックを見てみよう。

サイズ 全長3885mm×全幅1695mm×全高1510mm
ホイールベース 1510mm
重量 1000kg以下
エンジン 1331cc 4気筒 4バルブ
最高出力 99PS
最大トルク 125Nm
駆動方式 FF
0-100加速 11.7秒
ミッション 6MT、ファイナルギア、ノーマルデフ
サスペンション 車高調整付き
装備 ロールケージ、バケットシート、6点式ハーネス、消火器、カットオフスイッチ、アンダーガード、タンクガード、フューエルラインガード


多分エアコンは付いていないのだろうが、すぐに競技に出ることのできる実戦的な装備内容となっている。ちなみに価格はドイツで360万円前後のようだ。競技車両でいつも面白いと思うのが、市販車のスポーツカーに比べてエンジンパワーはズバ抜けているわけでもなくパワーウェイトレシオもたいしたことない。でもこれがレギュレーションというものなのだ。スポーツという意味がここにあると思うのだ。


↑トヨタ「ヤリスR1」フロント画像、外観はノーマルのヤリスと変わりがない、このカラーリングのまま販売なのだろうか、画像はメーカーサイトより拝借


↑トヨタ「ヤリスR1」フロント画像その2、よく見るとフロントの開口部はノーマルよりも少し大きい、ボンネット上にもエアアウトレットが付いている、画像はメーカーサイトより拝借



↑トヨタ「ヤリスR1」リア画像、カラーリングのせいかヤリスとは別の車に見えるリア周り、ラリー用にマッドフラップなんかは付かない、画像はメーカーサイトより拝借



↑トヨタ「ヤリスR1」リア画像その2、もちろん競技用なので2名乗車、マフラーは55mm小さな口径でエンジン相応だ、画像はメーカーサイトより拝借



↑トヨタ「ヤリスR1」サイド画像、少し車高が下がってなかなかカッコ良いサイド、白いロールバーがイカツイ印象だ、画像はメーカーサイトより拝借




モータースポーツに車両規定は不可欠というかセットで考えないといけない部分だ。最近ではスーパーGT車両とDTM車両の相互乗り入れ、それに今回の国内ラリーと国際ラリーのR規定車両の件もあり国内車両規定の国際化が進んでいる。これはメーカーにとってもユーザーにとっても双方メリットがあり参加コストを下げることができる。それに国内競技に様々な輸入車が走るというのも見る方は楽しいに違いない。そのうちに輸入車という枠が無くなってしまうに違いない。


今回はこのへんで


では



ポチっと応援お願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ポチポチっと応援お願いします

人気ブログランキングへ

いすゞのミューはオーストラリアで「MU-X」、本格派4WDなのだ

2014/10/15
いすずの車は国内では商用車のみになってしまっているがオーストラリアでは4WDやピックアップトラックをラインアップしている。

特にミューは日本国内でも80年代の終わり頃に登場して、スタイリッシュな外観で当時は人気のあった4WDだった。現在では「MU-X」としてオーストラリアでは発売されているのだ。TomTom的にはオーストラリアの車は最近注目なのだ。特に4WDやハイパフォーマンスカーは非常に珍しいというか独自というかオーストラリア独特のモデルが多数存在する。
さっそく「MU-X」のスペックを見てみよう。

サイズ:全長4,825mm×全幅1,860mm×全高1,860mm
エンジン:4気筒3.0Lターボディーゼル
最高出力:130kw
最大トルク:380Nm
重量:2,060kg
燃費:11.9km/L


↑ いすず「MU-X」フロント画像、全く昔のミューの面影はないがSUVらしい外観、良く言えばSUVらしく悪く言えば没個性だ、しかし実用的な印象のSUVになっているのではないか、オーストラリアではどれくらい売れているのだろうか、画像はメーカーサイトより拝借


↑ いすず「MU-X」フロント&リア画像、リアは切り立ったリアガラスが印象的で実用性が高そうだ、意外とオーバーハングが短く悪路走破性を意識しているのが分かる、リアハッチは没個性でどこの車か分からない、画像はメーカーサイトより拝借



↑ いすず「MU-X」フロント画像その2、オーストラリアのSUVでいつも凄いなと感心するのがこのシュノーケルだ、シュノーケルを利用する場面がそんなにあるのだろうか、それにこの画像は日本ではめったに見かけなくなったカンガルーバーが付いている、想像以上にハードな使い方をするようだ、画像はメーカーサイトより拝借


↑ いすず「MU-X」シュノーケル画像、シュノーケル自体はあまりスタイリッシュなモノでは無いが渡河時には必須の装備なのだろう、そしてオーストラリアでは良くあることなのだろうと創造する、アメリカやヨーロッパでは見ることは少ない、確かランクル70のオーストラリア仕様でもオプションが用意されていた、画像はメーカーサイトより拝借



↑ いすず「MU-X」インパネ画像、ちょっと凄いなと思ったのがこのインパネ、センター部分は空調等が丸くまとめられていて個性的、ステアリングホイールも3本スポークだがあまり見たことの無い形状をしている、画像はメーカーサイトより拝借




本当にオーストラリアは車天国のようだ。SUVや4WDは個性的なモデルやそこしかないモデルが存在していて需要が高いのが伺える。思ったよりもハードな使い方をするのだろうと思う。この「MU-X」はそれほどサイズが大きい訳ではないので日本でも十分実用になると思われるサイズだ。日本で発売しても売れるとは思わないが少しワイルドな感じが大好きな人には受けるかもしれない。日本でのSUVはオフロードマシンというよりも背の高い乗用車と化してしまっているのが時代の流れなのか。個人的にはこんな車に乗ってキャンプに行きたいものだ。


今回はこのへんで


では





ポチっと応援お願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ポチポチっと応援お願いします

人気ブログランキングへ

VWの「XL Sport concept」は超軽量・超高回転なのだ

2014/10/11
燃費追求の車として既にVWからXL1が登場しているが、そのXL1をベースにスポーツカーのケーススタディーがパリモーターショーで出展されている。

XL1をベースにVWグループ一員のDucatiのVツイン1,199ccエンジンを積んでパワーは200PS(なんとリッター166PS!)、そしてレブリミットは11,000rpmと2輪のエンジンそのまんまだ。だがこれほど高回転なエンジンを積んだ4輪はレーシングカーでもない限り存在しないので凄く新しいドライビング感覚が体験できるだろうと思う。

発表されているスペックは次の通り。

サイズ:全長4,291mm(3,881)×全幅1,847mm(1,664)×全高1,152mm(1,153)、()内はXL1の数値
ホイールベース:2,424mm(XL1は2,224)
シャーシ:カーボン製タブ型シェル/アルミ製クラッシュ構造、スチール製スペースフレーム
エンジン:1,199cc、Vツイン
最高出力:200PS
駆動方式:ミッドシップリア駆動
ミッション:7速DSG
0-100km/h加速:5.7秒
最高速度:270km/h
重量:890kg
サスペンション:前ダブルウィッシュボーン/プルロッド、後ダブルウィッシュボーン/プッシュロッド
タイヤホイール:前205/40R18、後265/35 R18、鍛造マグネシウム


↑ VW「XL Sport concept」のリア画像、いかにも空力の良さそうな形状をしたリア周り、リアオーバーハングが非常に長い、リア形状は空力を追求した場合このようなコーダトロンガ形状になることが多い、画像はネット上から拝借


↑ VW「XL Sport concept」のフロント画像、 フロント部分はまるでレーシングカーのような仕上がり、キャビンの形が宇宙船のようだ、キャビン部分はベースのXL1そのままのようだ、画像はネット上から拝借


↑ VW「XL Sport concept」のサイド画像、少しクラシカルで流れるようなサイドからのシルエット、意外とフロントのボンネット部分が短い、キャラクターラインやダクト類でゴチャゴチャした印象が強い、もう少し整理する必要があるだろう、画像はネット上から拝借


↑ VW「XL Sport concept」のリア上方からの画像、この角度がこのXLシリーズの最大の特徴だろう、まるでルマンを走るレーシングカーのようなキャビン形状で後が絞り込まれれている、ただリアのウィンドウが無く後方視界はカメラ頼りだ、画像はネット上から拝借


↑ VW「XL Sport concept」のドアオープン真上画像、真上から見ると4輪のフェンダーがかなり張り出しているのが分かる、ドアはガルウィングで上方へ開く、リアのエンジンカウル部分にはスリットやルーバーのような換気ができる穴は見当たらない、画像はネット上から拝借


↑ VW「XL Sport concept」のドアオープン画像、サイドシル部分はとても分厚く乗降性は悪そうだ、しかしそれだけにボディー剛性はかなりありそうだ、助手席はXL1と同様後方へオフセットされている、画像はネット上から拝借


↑ VW「XL Sport concept」のインパネ画像、基本的にXL1と同様のインパネ、シフトレバーがウッドなのが面白い、オリジナルのXl1は全幅が1,664mmなので横幅はミニマムだろうと思われる、だから助手席が後方へオフセットされているのだろうか、乗ってみないと分からない、インパネは外観に合わせてもう少しレーシーでも良いのではないだろうか、画像はネット上から拝借



VWの「XL Sport concept」パワーだけでは無いスポーツカーなのだが、従来の小排気量のライトウェイトスポーツカーとも異なる。なにしろベースのXL1が1Lで100kmを走れるように企画された車だ。この「XL Sport concept」の燃費は発表されていないが、かなり良好なモノになっているに違いない。
ルックスはレーシングカーライクで町で乗るには気恥しいのだが、意外と実用性が高いのかもしれない。
最大の魅力はその重量の軽さだろう。重量からすると少々大柄のボディーだが、これはこれで空力を追求した結果の姿なのだ。そして2輪のエンジンとはなるが11,000rpmまで回るエンジンとの組み合わせが今までにない新鮮な感覚を味わえることだろうと思う。是非機会があれば一度乗ってみたい車である。


今回はこのへんで


では





ポチっと応援お願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ポチポチっと応援お願いします

人気ブログランキングへ

最近ツートーン好きなスズキはパリでもツートーンの新型ビターラ

2014/10/8
スイフト・ハスラーと来て今回のパリモーターショーで発表された新型ビターラ(エスクード)でもツートーンとなった。

ビターラ(エスクード)と言えば由緒正しいクロカン4WDで今では数少ない生き残りのうちの一つだ。

今回発表された新型ビターラのサイズは全長4,175mm(4,300)×全幅1,775mm(1810)×全高1,610mm(1,695)
となっていて、カッコ内の現行モデルと比較すると一回り小さくなっているのがわかる。
搭載されるエンジンはガソリンとターボディーゼルの2種で両方とも1.6L直列4気筒である。ガソリンエンジンは120ps/15.9kgm、ターボディーゼルは120ps/32.6kgmを発生する。ミッションはガソリンが5速MTと6速AT、ディーゼルは6速MTのみとなる。
スペックについては今のところこのくらいしか情報が無いが、外観はなかなかヨーロッパ的な垢抜けた印象を持った。スズキが最近得意なルーフ塗り分けのツートーンカラーとなっていて、現行モデルのクロカン色を払拭した都会的なものだ。



↑ スズキ新型ビターラ、これはブルーとブラックの塗り分け、画像はネット上から拝借

↑ スズキ新型ビターラ、ブルーとホワイトの塗り分け、画像はネット上から拝借


↑ スズキ新型ビターラ、フロント部分はスズキのエンブレムが無いとどこの車か分からない、下部にクロスオーバー風のガードが付く、風のクロスオーバーとしては良いまとまり、画像はネット上から拝借


↑ スズキ新型ビターラ、ゴールドとブラックの塗り分け、画像はネット上から拝借


↑ スズキ新型ビターラ、ゴールドとホワイトの塗り分け、画像はネット上から拝借


↑ スズキ新型ビターラ、室内はボディー同色のアクセントが入る、良く言えばスズキらしい室内、悪く言えばあまり高級感を感じない仕上げだ、画像はネット上から拝借


↑ スズキ新型ビターラ、リア画像、リア部分もフロントと同様に無国籍な印象でどこの車かエンブレムが無いと分からない、クロスオーバー風のガードが下部に付く、画像はネット上から拝借


↑ スズキ新型ビターラ、サイド画像、特に凝ったデザインでは無いがスッキリしたサイド、上部の黒い塗り分けが非常に効果的だ、画像はネット上から拝借





↑ スズキ現行ビターラ、現行モデルはクロスオーバーというよりもクロカン4WDに近い、内容も本格的なモノだが新型の機構はどのようになっているのだろうか、画像はメーカーサイトより拝借




スズキの新型ビターラはサイズを小さくし現在の大きなトレンドであるBセグメントのクロスオーバーに照準を絞っている。先に発売されているSX4と被ってしまいそうで心配だ。どうやって差別化をするのだろうか、ここら辺りは少し気になる所ではある。今後の楽しみにしておこう。


今回はこのへんで


では





ポチっと応援お願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ポチポチっと応援お願いします

人気ブログランキングへ

ルノー R.S. が怒濤の限定車ラッシュ、ルーテシアとメガーヌ、これは欲しいかも!

2014/10/1
ルノーが日本においてルーテシアとメガーヌのR.S.の限定車を怒濤のように発表している。

その数なんと5台で全てR.S.モデルとなっている。これほど一度に内容の充実した限定車を一度に発表したのにはどのような事情があるのだろうか。しかしそれぞれ非常に魅力があり、個人的には資金があれば欲しいモデルばかりなのだ。各モデルをさらっと見てみよう。





ルーテシア R.S.の限定車

ルーテシア R.Sの今回の限定車はメカ的にはノーマルと変わるところは無いが、特別の外装色だったり内装が特別だったりと結構スペシャル感がある。


○「ルーテシア R.S. JAUNE PREMIUM」 100台
ルーテシア R.S.にジョンシリウスMの限定カラーが再び登場である。以前もこのカラーはあったのだが今回は限定100台で発売となっている。ゴールドカラーフェチの方々は急いだ方が良いかも。中身は変わりは無い。





○「ルーテシア R.S. MONACO GP」 50台
趣旨が良く分ららないがモナコの名前を冠した限定モデル。今までにない外装色と内装が特別仕立てだ。限定に弱い方であまり目立たないコンパクトで速い渋い車をお探しならベストな選択かもしれない。こちらも中身は変わりは無い。
専用色ブラン ナクレ M/ダークカーボンインテリア/グレーメタリックフィニッシャー(ステアリング・エアコンベゼル・フロントドアスピーカー・フロントドアトリム・シフトノブ)/‘R.S.’ロゴ入りスポーツレザーシート(シートヒーター内蔵)/モナコ GP 限定車専用ロゴ入りキッキングプレート/モナコ GP 限定車専用バッヂ付ブラックフィニッシャー付サイドモール





メガーヌ R.S.の限定車

ついにニュルでFF最速の称号を勝ち取ったメガーヌの市販バージョンが日本でも登場した。3種類あってそれぞれチューニング度合が異なる。エンジンは共通だが、順番にサスペンション、タイヤホイールがグレードアップされ、最後は2シーターとなる本格的な内容となっている。少々お高いが手に入れておいても損は無い内容ではないだろうか。

○「メガーヌ R.S. TROPHY」 90台


○「メガーヌ R.S. TROPHY-S」 60台


○「メガーヌ R.S. TROPHY-R」 60台


スペックは次のようになっている。

ボディサイズ:全長4,299mm×全幅1,848mm×全高1,435mm
車両重量:TROPHY/TROPHY-S 1,376kg、TROPHY-R 1,297 kg
エンジン:1,998cc 直列4気筒DOHCターボ
最高出力:201kW(273ps)/5,500rpm
最大トルク:360Nm(36.7kgm)/3,000-5,000rpm
駆動方式:FF
トランスミッション:6段マニュアル
サスペンション:前マクファーソン、後トレーリングアーム
ブレーキ:前ベンチレーテッドディスク、後ディスク
ハンドル位置:TROPHY/TROPHY-S 右、TROPHY-R 左
タイヤ:TROPHY 235/40R18、TROPHY-S/TROPHY-R 235/35R19
販売台数:TROPHY 90台、TROPHY-S 60台、TROPHY-R 60台
価格:TROPHY 426万円、TROPHY-S 477万円、TROPHY-R 499万円





特に「メガーヌ R.S. TROPHY-R」は内容がかなり過激だ。どこかのなんちゃって仕様ではなくかなり細部まで煮詰められた内容となっていて非常にスパルタンだ。ついでに言えばロールバーも入れてくれれば言う事無しなのである。



シートはハードシェルのフルバケットでレカロ製、2シーターとなっていて気合が漲る。こうなると非常に贅沢なメガーヌとなってしまうが、R.S. は元々趣味車なので気にしない方が良いだろう。これなら1台所有したいと思わせる仕上がり具合だ。



今回はこのへんで


では





ポチっと応援お願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ポチポチっと応援お願いします

人気ブログランキングへ

広告