ラベル クライスラー の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル クライスラー の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

Dodge ChallengerとCharger「SRT Hellcat」、地獄の猫2台は面白いシフトノブ

2015/01/20

日本に入ってきていないダッジ


アメ車は日本に入っていないモデルが多く、特にダッジは全く入ってきていない。


ダッジはFCA(フィアットクライスラーオートモビルズ)の乗用車の1ブランドなのだが、どのようなモデルがあるのか感覚的に掴めていないとのが現状だ。なんとなくアメリカンマッスルカーというイメージがあり大排気量の大パワー車があるんだという感じだ。一番身近に感じるのがバイパーではなかろうか。時々ダッジバイパーという名前が出てきて600馬力オーバーのマッスルカーの代表みたいな車だ。


世界的パワーウォーズの流れ


ここのところ北米ではパワー競争が再燃していて一時期のように大パワーの車が続々とリリースされているのだ。それにつられてヨーロッパの自動車メーカーもパワー競争に突入しつつある。こういう動きの一方、燃費競争も激しいしEVやHVも盛んだ。全く現在の状況は読みにくい。


今回紹介するのは「Challenger SRT Hellcat」と「Charger SRT Hellcat」の2台だ。我々の世代にはチャレンジャーという名前は聞き覚えがある。若い頃のアメリカンマッスルの代表のような名前なのだ。簡単に言うとチャレンジャーが2ドアクーペ、チャージャーが4ドアのセダンだ。その中でも特別にパワフルなのが「SRT Hellcat」という猫たちなのだ。「Hellcat」というのは直訳では地獄の猫なのだが実は性悪女という意味らしい。このパワフルな車達は女なのだ。


という前置きはさておいて驚くべきスペックを見てみよう。

「SRT Hellcat」のスペック

エンジン:6.2L HEMI Hellcat V-8 スーパーチャージャー付
最高出力:707hp
最大トルク:880Nm
ミッション:6MT、8AT(パドル付)
制御:Sport/Track/Default、カスタムモード
タイヤホイール:20x9.5inch鍛造アルミホイール、P275/40ZR20 Pirelli P Zero Nero
ブレーキ:ブレンボ6POTキャリパー、390mmツーピースディスク


なんと最高出力が700hpオーバーとなっている。「SRT Hellcat」というモデルはそれこそFCAの技術の粋を集めたモデルなのだ。エンジンもさることながら、出力に見合った足回りやブレーキ、肝心な制御システムに最新の技術が投入されている。なんだか古風な内外装からは想像できないがFCAの技術をすべて詰め込んでいるように見える。ある意味これがFCAのフラッグシップスポーツカーなのだろう。では画像を見てみよう。

「Challenger SRT Hellcat」

「Challenger SRT Hellcat」のフロント画像
↑ 「Challenger SRT Hellcat」のフロント画像、外観は古き良きアメ車然としている、良く見るとえらく扁平率の小さなタイヤや大きなキャリパーを装備しているのが分かる、ボンネットは穴だらけだ、イカリングは少々古臭いがアメ車には意外と似合う、画像はネット上から拝借



「Challenger SRT Hellcat」のリア画像
↑ 「Challenger SRT Hellcat」のリア画像、こちらも超高性能を意識させないリア部分、マフラーも意外とおとなしいモノが付いている、トランクスポイラーも小さくて控えめだ、ヨーロッパの車の方向とは全く異なるアプローチで面白い、画像はネット上から拝借



「Challenger SRT Hellcat」のサイド画像
↑ 「Challenger SRT Hellcat」のサイド画像、横から見ても車高も普通だし特別な車には見えないところが凄い、しかしフロントのキャリパーは20インチのホイールに一杯な大型モノだ、こういうクーペスタイルは日本では無くなってしまった、画像はネット上から拝借


「Charger SRT Hellcat」

4ドア版の「Charger SRT Hellcat」のフロント画像
↑ 4ドア版の「Charger SRT Hellcat」のフロント画像、フロントの開口部は大きいしボンネットは穴だらけだが意外と端正なセダンで好感が持てる外観、サイドのキャラクターラインも2ドアクーペとは全く異なるので別の車と思った方が良い、画像はネット上から拝借



4ドア版の「Charger SRT Hellcat」のサイド画像
↑ 4ドア版の「Charger SRT Hellcat」のサイド画像、いかにも大きな車で高性能という雰囲気を醸し出している、ボンネットが一旦盛り上がってフロントウィンドウ部分で下がっているのが面白い、車高はそれほど低くない、画像はネット上から拝借



4ドア版の「Charger SRT Hellcat」のリア
↑ 4ドア版の「Charger SRT Hellcat」のリア画像、こちらのリアはなかなか都会的だ、この車ならサイズはともかく日常使いもできそうな大人しい外観だ、マフラーは丸型で左右2本出し、この角度からはタイヤの太さが見て取れる、画像はネット上から拝借



「SRT Hellcat」のインパネ
↑ 「SRT Hellcat」のインパネ画像、これは3ドアのChallengerのものだがほぼ共通だ、パッと見た感じは先進性はあまり無さそうなところが憎い演出だ、メーターパネルは液晶でセンターにもモニターが収まる、このモデルはATでステアリングホイールにパドルが付く、このタンカラーのシートが何とも言えないネオクラシックな味を出している、画像はネット上から拝借



ビックリの「SRT Hellcat」ATシフター

「SRT Hellcat」のATシフター
↑ 「SRT Hellcat」のATシフター画像、これが今回一番びっくりしたところ、シフトノブ自体にシフトポジションの表示がある、マニュアルシフトは左に倒してこのレバーで操作するかステアリングホイールに付いたパドルで操作する、トップエンドのアメ車の方向性が大変興味深い、画像はネット上から拝借



ネオクラシック!?

なんだか古臭いと言ったら失礼だがネオクラシックな内外装に最新の機構と装備を施した車なのだ。おそらくFCAの最新技術が存分に投入されているのだろう。
もうこうなると燃費とかを超越した存在になってしまっていると思う。でも怖いもの見たさで一度乗ってみたいと思うのだ。



今回はこのへんで
では
広告