ラベル スズキ の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル スズキ の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

スバル新型「レガシー アウトバック」が発売された、その気になる「STARLINK」という機能

2014/10/28
2014年10月24日にスバルから新型「レガシー アウトバック」が日本でも発売された。

既にアメリカでは発売されているのでニュースも伝わってきており、それほど目新しいという印象は無いが細かい部分を見ているとイロイロ発見がある。

今回はナビゲーションで面白いものを発見した。スバル新型「レガシー アウトバック」の純正ナビゲーションは、あまり目立たないが凝った機構を採用している。





↑ スバル新型「レガシー アウトバック」の外観画像、少し垢抜けた印象の外観、基本的にキープコンセプト、アメリカではこのタイプがえらく受けるのだ、画像はメーカーサイトより拝借



↑ スバル新型「レガシー アウトバック」のコックピット画像、かなり作り込まれた印象のあるインパネ、質感がしっかりあり安っぽくないところがマル、センター部分がタッチ式のナビと空調周り、画像はメーカーサイトより拝借



↑ スバル新型「レガシー アウトバック」のナビ画像、何ができるかというと「SUBARU STARLINK」と「Mirror Link」を搭載していてユーザーのスマートフォンとの連携が強化されている、画像はメーカーサイトより拝借




車載ITの覇権争いは今年に入ってから激しいものとなっている。MicrosoftにGoogle、それにAppleか参入している。またその動きと協調する動きや独自の動きを見せているのが各自動車メーカーの純正ナビなのだ。車載のナビは車とユーザーのマンマシンインターフェースの一部として非常に重要な位置を占める。ここを押さえとかないと将来ややこしいことになると認識しての動きがある。トヨタは今年になって純正ナビの内容を一新させて、アプリが動くようになっている。今回のスバルの純正ナビもそういう方向性だと思う。
今回の新型「レガシー アウトバック」のナビを見てみると通信連携機能が強化されている。
まず、「SUBARU STARLINK」ではユーザーのスマートフォンに仕込んだアプリと連携して様々な事が出来るらしい、ここはもう少し情報を集めてみる必要がある。アプリの種類が充実してくると面白いと思う。トヨタのようにナビに直接専用アプリを入れるわけではないのでつぶしもきくのだ。
「Mirror Link」は汎用の規格だがスマートフォンとナビを双方向でリモコンのように使える規格だ。これも実際の利用シーンでは便利な装備だろう。

ナビの機能は新型車の発表時にそれほど大きく報道はされないが、ここに車載ITの戦略が見え隠れするところが面白い。今回の新型「レガシー アウトバック」のナビではMicrosoftもGoogleもAppleも出てこない。トヨタとスバルは独自の道を行くようだ。


今回はこのへんで

では



ポチっと応援お願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ポチポチっと応援お願いします

人気ブログランキングへ

最近ツートーン好きなスズキはパリでもツートーンの新型ビターラ

2014/10/8
スイフト・ハスラーと来て今回のパリモーターショーで発表された新型ビターラ(エスクード)でもツートーンとなった。

ビターラ(エスクード)と言えば由緒正しいクロカン4WDで今では数少ない生き残りのうちの一つだ。

今回発表された新型ビターラのサイズは全長4,175mm(4,300)×全幅1,775mm(1810)×全高1,610mm(1,695)
となっていて、カッコ内の現行モデルと比較すると一回り小さくなっているのがわかる。
搭載されるエンジンはガソリンとターボディーゼルの2種で両方とも1.6L直列4気筒である。ガソリンエンジンは120ps/15.9kgm、ターボディーゼルは120ps/32.6kgmを発生する。ミッションはガソリンが5速MTと6速AT、ディーゼルは6速MTのみとなる。
スペックについては今のところこのくらいしか情報が無いが、外観はなかなかヨーロッパ的な垢抜けた印象を持った。スズキが最近得意なルーフ塗り分けのツートーンカラーとなっていて、現行モデルのクロカン色を払拭した都会的なものだ。



↑ スズキ新型ビターラ、これはブルーとブラックの塗り分け、画像はネット上から拝借

↑ スズキ新型ビターラ、ブルーとホワイトの塗り分け、画像はネット上から拝借


↑ スズキ新型ビターラ、フロント部分はスズキのエンブレムが無いとどこの車か分からない、下部にクロスオーバー風のガードが付く、風のクロスオーバーとしては良いまとまり、画像はネット上から拝借


↑ スズキ新型ビターラ、ゴールドとブラックの塗り分け、画像はネット上から拝借


↑ スズキ新型ビターラ、ゴールドとホワイトの塗り分け、画像はネット上から拝借


↑ スズキ新型ビターラ、室内はボディー同色のアクセントが入る、良く言えばスズキらしい室内、悪く言えばあまり高級感を感じない仕上げだ、画像はネット上から拝借


↑ スズキ新型ビターラ、リア画像、リア部分もフロントと同様に無国籍な印象でどこの車かエンブレムが無いと分からない、クロスオーバー風のガードが下部に付く、画像はネット上から拝借


↑ スズキ新型ビターラ、サイド画像、特に凝ったデザインでは無いがスッキリしたサイド、上部の黒い塗り分けが非常に効果的だ、画像はネット上から拝借





↑ スズキ現行ビターラ、現行モデルはクロスオーバーというよりもクロカン4WDに近い、内容も本格的なモノだが新型の機構はどのようになっているのだろうか、画像はメーカーサイトより拝借




スズキの新型ビターラはサイズを小さくし現在の大きなトレンドであるBセグメントのクロスオーバーに照準を絞っている。先に発売されているSX4と被ってしまいそうで心配だ。どうやって差別化をするのだろうか、ここら辺りは少し気になる所ではある。今後の楽しみにしておこう。


今回はこのへんで


では





ポチっと応援お願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ポチポチっと応援お願いします

人気ブログランキングへ

スズキ 新型「ハスラー」、ハスラー現象現れる

年末に発売開始になるという噂のあったスズキ新型「ハスラー」だが2013年12月24日に発表があったようだ。

それによると2014年1月8日より発売を開始する予定だ。個人的には久しぶりにワクワク感のある車に出くわしたという印象を持った。
車の成り立ち自体は単純でワゴンRの車台を用いて少々車高を上げて大径タイヤを装着したものだ。外観もクロカンチックなところを残して可愛い愛嬌のあるものとなっている。それに加えてラインアップされた色がビビッドで軽自動車だけど高揚感を持たせるものとなっている。
クロスオーバーらしく4WD機構も少しだけ凝ったものになっている。坂を下る際のヒルディセントコントロールや発進時のグリップコントロールが4WD車には採用された。特にヒルディセントコントロールは確かレンジローバーが最初に採用した技術だったのではないかと記憶しているが、こういった軽自動車での採用は初めての事らしい。本格的な4WDはジムニーと言う最強のラインアップがスズキにはあるが、そこまでは不要といった層をこれで取り込める。個人的には非常に興味があるというか欲しいと思っている。
また一通りのスズキの省燃費技術も搭載されていて、環境性能に大変気を使った車となっている。

考えてみればこれらの技術要素や物理的なプラットフォームや部品等々を考えていくと、ほとんどがありモノで構成されていて、まったく新開発の部分は少ないと思われる。しかしこうした見せ方の工夫をすることによって非常に魅力的な車に仕上がっているのではないだろうか。



↑ スズキ 新型「ハスラー」メーカーの想定する利用シーンイメージ、スズキとしてはこういったアウトドアでの利用を想定した車ということなのだろう、ジムニーほどのクロカン4WDは不要だがアウトドアの雰囲気はあったほうが良いという顧客を取り込む、実際に少しだけ冒険気分が味わえる程度の車を欲しいと思っている人は多いと思う、林道をガンガン攻めるわけではないが時々こうした未舗装のところには出かけるし雪道も走るという人にはうってつけだ、個人的には大変ドンピシャに刺さってしまった、左のカラーはビビッドなカラーのうちの1色のオレンジ、ただしこの色はFJクルーザーとかぶっていていただけない、画像はメーカーサイトより拝借



↑ スズキ 新型「ハスラー」フロント画像、この色は同じくビビッドな色のうちの1色でブルー、色によってルーフの色違いが選択できる、バンパーやホイールアーチ部分にアウトドア風味を醸し出す、全体的にはごく普通のハイトワゴンと言った形なのだがなかなか工夫されている、画像はメーカーサイトより拝借


↑ スズキ 新型「ハスラー」リア画像、この色もビビッドな色の一色、後部バンパーも少しだけアウトドア風味、リアハッチは垂直でハイトワゴンそのもの少しだけワゴンRの雰囲気が残る、ルーフの塗り分けは新鮮だ、グレードによりホイールは鉄ホイールとなるがこの車も鉄ホイールだ、それがデザインされた鉄ホイールでなかなか良く出来ている、これならアルミホイールよりもこちらを選ぶ人も多いだろう、画像はメーカーサイトより拝借


↑ スズキ 新型「ハスラー」インパネ画像、各パーツはどこかで見たことのあるものだ、インパネをカラー化したことでかなりインパクトのあるものとなっている、手法としては昔からあり賛否両論あるとは思うがこれはこれで大胆な試みだと思う、色以外は基本的にインパネのレイアウトはワゴンRに近い、画像はメーカーサイトより拝借



↑ スズキ 新型「ハスラー」アイコン表示の例、ここが一番この車に感心したところ、様々な車の動作状況をアイコンで表示するようにしたところ、例えばアイドリングストップに関してできないときや再始動する際に理由を表示する、このあたりは消費者心理をかなり研究したのではないだろうか、最近の車はブラックボックスと化していてその動作する理由や動作状態がユーザーに分かりにくくなっている、それをこういった方式で解決したのは画期的だと思う、画像はメーカーサイトより拝借



この車のごく一部を紹介したが、車のハード構成はありモノを組み合わせたものだが、なかなか良く出来ていて工夫されている。これとは別に一番感心したのはソフトが充実している事だ。それは高揚感を醸し出すカラー設定だったり、利用方法の提案だったり、動作状況を知らせるアイコン表示だったり、これらは他のメーカーの車が実現できていない部分をスズキが実現したという事だ。こうしたユーザーの声を真面目に反映したところに共感を覚えるし、手に入れたくなると思うのだ。こうした部分は他のメーカーには無い部分だ。他のメーカーも重々こうしたことを考えてほしいと思うのだ。

またスズキ 新型「ハスラー」のホームページにも注目だ。スズキにしてはワクワク感の演出がうまくできていて他の車種と違う。この車に掛けるスズキの気合が感じられる。今までどうしてこういう風に作らなかったのだろうと逆に思うほどだ。

個人的にスズキ 新型「ハスラー」を買うとすると、ターボ付き4WDモデルのMTなんかがベストなのだが、家内も乗ることを考えるとCVTモデルになるだろうなぁ、と今から想像していたりして楽しい気分になれる。



今日はこのへんで

では




ポチっと応援お願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ポチポチっと応援お願いします

人気ブログランキングへ

スズキ「キザシ」を見直した


スズキにキザシというセダンがあるのをご存知だろうか?

このキザシは発売された時から気になる車のひとつだった。というのはデザインがかなり私の好みであり程良い塊感があり大きさも適当、装備もスズキにしては頑張ったのではないかと思う。今となっては現代の最新トレンドから見れば少し古臭くなってしまったデザインではあるが個人的には今でもかなり好きなデザインのセダンである。
キザシはスズキがVWと提携を結ぶ前の最後の車だったので、セダンがVWとダブってしまいそのうちに整理されて短命に終わるだろうと言われていたものだ。

↑ スズキのキザシ、現在も販売中である、ミドルサイズのセダンで程よいまとまりを見せていると思う、しかしながらフロントグリルは少々古臭くなってきた印象がある、車高を下げればかなり見てくれは改善されるかもしれない・・・、スズキの現在のところのフラッグシップセダンである、画像はメーカーサイトから拝借

そのキザシが米国IIHS(道路安全保険協会)の衝突安全テストにおいて最高評価を獲得したそうで「2013トップセーフティピック」に認定している。
この衝突安全テストは今回から前面オフセット衝突テストに「新スモール・オフセット」と呼ばれるフロント部分の運転席側1/4が当たるようにオフセットさせて固定バリアにぶつけるテストが追加になっている。実際の衝突事故に近い状況を再現したテストである。
実際のテストの様子は動画をご覧になると一目瞭然だと思うが、かなり実際の状況に近いと思われるし車によってはかなり危険なことが良く分かる。


↑ IIHSの衝突安全テストに供されるスズキのキザシ、テスト自体はかなりきわどい当り方をするので見ているほうもヒヤっとする

スズキは期せずして独自のモデルでかなり安全性能の高い車を作れると言うことを世に認めさせた訳だ。これは小さなメーカーとしては大金星であり誇れることだ。しかしスズキ自体がこれを宣伝しないのはどういうことなのだろう?もったいないと思うのだが・・・。

今日はこのへんで

では


ポチっと応援お願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ポチポチっと応援お願いします

人気ブログランキングへ
広告