ラベル ハイブリッド の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル ハイブリッド の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

もはやスーパーカーとなった生産型のホンダ新型NSXを改めておさらい

2015/01/14
ホンダNSXと言えば先代の運動性能は確かに凄かった。

NSXを所有している友人がおり時々横に乗せてもらったものだ。やや大柄なボディーだが軽量なため想像以上の運動性能だった。そして乗り心地が非常にソリッドだった。個人的にはもう少し小柄だとすごく欲しいと思ったに違いないと思い出す。



↑ ホンダ新型NSXのデトロイトショーでの展示風景、完全に北米向けのNSXとなっていてボディーデメンジョンを見てもホンダも言っているようにスーパーカーレベル、生産型なので実物の完成度は高そうだ、リアウィンドウからパワートレインが見えるのが憎い演出、画像はネット上から拝借




最近ではUKでの予約が締め切られた等の話題には事欠かない。その新型NSXだが今回2015デトロイトショーにおいて生産型が展示発表がされている。これを少しまとめてみよう。

サイズ:全長4,470mm(+45mm)×全幅1,940mm(+130mm)×全高1,215mm(+45mm)、()内は旧型比
フレーム構造:スペースフレーム、アルミ/超高強度鋼、カーボンフロア
ボディー素材:アルミ、SMC
ホイールベース:2,630mm(+280mm)、()内は旧型比
トレッド:前1,655mm、後1,615mm
エンジン:V6(75度)ツインターボ、ドライサンプ
ハイブリッドシステム:3モーターハイブリッド(Sport Hybrid)、各前輪/エンジントランスミッション間
ミッション:9速DCT
駆動方式:AWD(SH-AWD:Super-Handling All-Wheel Drive)
パッケージング:Advanced Sports Package
サスペンション:アルミ製
タイヤ:ContiSportContact、前245/35ZR19、後295/30ZR20、前後違径
ホイール:前19x8.5inch、後20x11inch
ブレーキ:前6ポッド、後4ポッド、モノブロックキャリパー、カーボンセラミックディスク
制御モード:Quiet/Sport/Sport+/Track、「zero delay」
生産:オハイオ工場


新型のNSXでは「zero delay」と呼ばれるレスポンスが最重要視されたようだ。一説にはパワーは550PSとなっていて、ホンダ自身もスーパーカーと呼んでいる。動力性能やハンドリングについては大変期待の持てる内容と思われるが何処で走らせるのだろうか。



↑ ホンダ新型NSXのフロント画像、ボンネットが低くてフェンダーが高いのが印象的でスポーツカーらしい、フロントの開口部は非常に大きくて高性能を予感させる、ヘッドライトのハイトが低いのが今時な印象、画像はメーカーサイトより拝借



↑ ホンダ新型NSXのフロント画像その2、非常に良くまとまったシルエットを見せる、フロントの開口部も下品になっていない、リアフェンダー上部の開口部が立体的だ、画像はメーカーサイトより拝借



↑ ホンダ新型NSXのサイド画像、先代のNSXではリア部分が長い印象があったが新型は非常に良いまとまりだ、タイヤホイールは前245/35ZR19後295/30ZR20というサイズを履くが自然な感じだ、サイドのキャラクターラインもシンプルだが効果的だ、リアフェンダーは真横から見てもボリューム感が伝わってくる、画像はメーカーサイトより拝借



↑ ホンダ新型NSXのリア画像、ミッドシップなだけにリアも開口部が多い、マフラーはセンター出しとなっているようだ、その両サイドにはでかいデフューザーが付き超高速域のダウンフォースを稼ぎ出すためウィングの類は装備されない、テールライト周辺はシンプルな造形、画像はメーカーサイトより拝借



↑ ホンダ新型NSXのリア画像その2、真後ろから見るとキャビンとフェンダーの関係が良く分かる、非常に横幅が大きく見えるし実際大きい全幅1,940mmというのはスーパーカーサイズだ、アメリカサイズのナンバープレートが付くようになっているのが北米向けを物語っている、画像はメーカーサイトより拝借



↑ ホンダ新型NSXの上からの画像、全長と全幅のディメンジョンが素晴らしい、スーパーカーのディメンジョンだ、ルーフには空力のためか剛性確保のためかリブが入っている、ボンネット上部にもエアアウトレットが付いている、エンジン回りには目立ったスリットの類は見られない、画像はメーカーサイトより拝借



↑ ホンダ新型NSXのインパネ画像、非常に現実的なインパネとなっていてこれならほぼこのまま生産されるのではないだろうか、ステアリングは上下がフラットな形状ででかいパドルが付いている、センターコンソール上のシルバーのダイヤルが制御モードも変えれるコントローラーだろう、シフトはスイッチになっているようだ、あまり近未来的な印象は無くコンサバなスポーツカーという印象だ、画像はメーカーサイトより拝借



↑ ホンダ新型NSXのシート画像、シート形状はあまりカッコ良いものではない、センターコンソールがでかいがサイドシルはそれほどでもなさそうで乗降性は良いだろう、ミッドシップだけに室内空間は大きくないがシートの後ろに少しだけ空間がありそうだ、画像はメーカーサイトより拝借




基本コンセプトは「zero delay」、ホンダの事だから古い表現だが打てば響くという感じに仕上がっていると思う。だがこれだけ高性能な車になるとSH-AWDに頼る事が多くなるだろう。いったいどんなドライビングフィールなのだろうと思う。

画像を見るとすぐにでも発売できそうな完成度だ。一説によると販売価格は150,000ドルからスタートということだから日本円に換算すると1,800万円からということになる。内容もそうだが価格もスーパーカーとなっている。日本での発売は今のところ分からないが、個人的には発売はされるのではないかと予想する。



今回はこのへんで
では
広告