ラベル ホンダ の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル ホンダ の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

もはやスーパーカーとなった生産型のホンダ新型NSXを改めておさらい

2015/01/14
ホンダNSXと言えば先代の運動性能は確かに凄かった。

NSXを所有している友人がおり時々横に乗せてもらったものだ。やや大柄なボディーだが軽量なため想像以上の運動性能だった。そして乗り心地が非常にソリッドだった。個人的にはもう少し小柄だとすごく欲しいと思ったに違いないと思い出す。



↑ ホンダ新型NSXのデトロイトショーでの展示風景、完全に北米向けのNSXとなっていてボディーデメンジョンを見てもホンダも言っているようにスーパーカーレベル、生産型なので実物の完成度は高そうだ、リアウィンドウからパワートレインが見えるのが憎い演出、画像はネット上から拝借




最近ではUKでの予約が締め切られた等の話題には事欠かない。その新型NSXだが今回2015デトロイトショーにおいて生産型が展示発表がされている。これを少しまとめてみよう。

サイズ:全長4,470mm(+45mm)×全幅1,940mm(+130mm)×全高1,215mm(+45mm)、()内は旧型比
フレーム構造:スペースフレーム、アルミ/超高強度鋼、カーボンフロア
ボディー素材:アルミ、SMC
ホイールベース:2,630mm(+280mm)、()内は旧型比
トレッド:前1,655mm、後1,615mm
エンジン:V6(75度)ツインターボ、ドライサンプ
ハイブリッドシステム:3モーターハイブリッド(Sport Hybrid)、各前輪/エンジントランスミッション間
ミッション:9速DCT
駆動方式:AWD(SH-AWD:Super-Handling All-Wheel Drive)
パッケージング:Advanced Sports Package
サスペンション:アルミ製
タイヤ:ContiSportContact、前245/35ZR19、後295/30ZR20、前後違径
ホイール:前19x8.5inch、後20x11inch
ブレーキ:前6ポッド、後4ポッド、モノブロックキャリパー、カーボンセラミックディスク
制御モード:Quiet/Sport/Sport+/Track、「zero delay」
生産:オハイオ工場


新型のNSXでは「zero delay」と呼ばれるレスポンスが最重要視されたようだ。一説にはパワーは550PSとなっていて、ホンダ自身もスーパーカーと呼んでいる。動力性能やハンドリングについては大変期待の持てる内容と思われるが何処で走らせるのだろうか。



↑ ホンダ新型NSXのフロント画像、ボンネットが低くてフェンダーが高いのが印象的でスポーツカーらしい、フロントの開口部は非常に大きくて高性能を予感させる、ヘッドライトのハイトが低いのが今時な印象、画像はメーカーサイトより拝借



↑ ホンダ新型NSXのフロント画像その2、非常に良くまとまったシルエットを見せる、フロントの開口部も下品になっていない、リアフェンダー上部の開口部が立体的だ、画像はメーカーサイトより拝借



↑ ホンダ新型NSXのサイド画像、先代のNSXではリア部分が長い印象があったが新型は非常に良いまとまりだ、タイヤホイールは前245/35ZR19後295/30ZR20というサイズを履くが自然な感じだ、サイドのキャラクターラインもシンプルだが効果的だ、リアフェンダーは真横から見てもボリューム感が伝わってくる、画像はメーカーサイトより拝借



↑ ホンダ新型NSXのリア画像、ミッドシップなだけにリアも開口部が多い、マフラーはセンター出しとなっているようだ、その両サイドにはでかいデフューザーが付き超高速域のダウンフォースを稼ぎ出すためウィングの類は装備されない、テールライト周辺はシンプルな造形、画像はメーカーサイトより拝借



↑ ホンダ新型NSXのリア画像その2、真後ろから見るとキャビンとフェンダーの関係が良く分かる、非常に横幅が大きく見えるし実際大きい全幅1,940mmというのはスーパーカーサイズだ、アメリカサイズのナンバープレートが付くようになっているのが北米向けを物語っている、画像はメーカーサイトより拝借



↑ ホンダ新型NSXの上からの画像、全長と全幅のディメンジョンが素晴らしい、スーパーカーのディメンジョンだ、ルーフには空力のためか剛性確保のためかリブが入っている、ボンネット上部にもエアアウトレットが付いている、エンジン回りには目立ったスリットの類は見られない、画像はメーカーサイトより拝借



↑ ホンダ新型NSXのインパネ画像、非常に現実的なインパネとなっていてこれならほぼこのまま生産されるのではないだろうか、ステアリングは上下がフラットな形状ででかいパドルが付いている、センターコンソール上のシルバーのダイヤルが制御モードも変えれるコントローラーだろう、シフトはスイッチになっているようだ、あまり近未来的な印象は無くコンサバなスポーツカーという印象だ、画像はメーカーサイトより拝借



↑ ホンダ新型NSXのシート画像、シート形状はあまりカッコ良いものではない、センターコンソールがでかいがサイドシルはそれほどでもなさそうで乗降性は良いだろう、ミッドシップだけに室内空間は大きくないがシートの後ろに少しだけ空間がありそうだ、画像はメーカーサイトより拝借




基本コンセプトは「zero delay」、ホンダの事だから古い表現だが打てば響くという感じに仕上がっていると思う。だがこれだけ高性能な車になるとSH-AWDに頼る事が多くなるだろう。いったいどんなドライビングフィールなのだろうと思う。

画像を見るとすぐにでも発売できそうな完成度だ。一説によると販売価格は150,000ドルからスタートということだから日本円に換算すると1,800万円からということになる。内容もそうだが価格もスーパーカーとなっている。日本での発売は今のところ分からないが、個人的には発売はされるのではないかと予想する。



今回はこのへんで
では

ホンダ新型レジェンド、3モーターハイブリッドはホンダの切り札

2014/11/14
日本でもホンダから新型レジェンドが発売された。


これでホンダのハイブリッドシステムは
フィットに積まれている1モーター「SPORT HYBRID i-DCD」
アコードに積まれている2モーター「SPORT HYBRID i-MMD」
今回のレジェンドの3モーター「SPORT HYBRID SH-AWD」
と3種類のハイブリッドが揃った。

今回のレジェンドに積まれたハイブリッドシステム「SPORT HYBRID SH-AWD」はホンダの将来を左右するシステムなのだ。というのはハイエンドの車に積まれるハイブリッドシステムであり、今後はNSXにも積まれる予定になっている。スポーツカーと高級セダンが同じシステムなのだ。つまり新型レジェンドはピュアなスポーツカーと同じ仕組みを持っていて、ほぼスポーツカーと言うべき内容を持っているということなのだ。車の性格からして味付けはかなり異なるとは思うが。

「SPORT HYBRID SH-AWD」の最大の特徴は3モーターのハイブリッドシステムで、ミッションに1つ、後輪の各車輪に1つづつ配置されている。エンジンはV6の3.5Lで気筒休止システムを持っている。ミッションは簡単に言うとフィットのDCTと基本的に同じタイプで7速ギアと湿式クラッチを持っている。エンジン出力は341ps、ミッションのモーターは48ps、後輪のモーターは各々37psでシステム出力は382psをマークする。






↑ ホンダ新型「レジェンド」の「SPORT HYBRID SH-AWD」ハイブリッドシステムの説明図、3.5LのV6エンジンを中心にDCTにモーターが内蔵される、さらに後輪にそれぞれモーターがある、合計3モーターのシステムだ、後輪に2つのモーターがあるところがミソ、これでアクティブトルクベクタリングが実現できているのだ、画像はネット上から拝借



ホンダがこの「SPORT HYBRID SH-AWD」をスポーツハイブリッドと名付けているのは理由がある。それは後輪の各車輪をモーターで駆動することで姿勢制御やトラクションコントロールの機能をより進化させていることが大きい。モーターは進行方向の制御だけではなく進行方向逆の制御も可能だ(回生を利用する)。今まではブレーキングによるこの種の制御が行われてきたが、レジェンドはより高度に細かく制御できるトルクベクタリングを持つということなのだ。加えて従来のブレーキングによる姿勢制御も装備する。ブレーキシステムはブレーキバイワイヤとなっており、ペダルは反力をコントロールするタイプだ。アクセルペダルには反力をコントロールするタイプで、これはヴェゼルと同じ仕組みだと思われる。

↑ ホンダ新型「レジェンド」の「SPORT HYBRID SH-AWD」フロント画像、ではなくてアメリカ版のアキュラRLXのフロント、立派なグリルが目立つ、ボンネット上のプレスラインがグリルと繋がり一体感を生んでいる、でも少し大味な印象、画像はメーカーサイトより拝借




ボディは全長4995mm×全幅1890mm×全高1480mmあり堂々たるサイズである。これだけのサイズでもありハイブリッドのため車重は流石に重く1980kgある。

↑ ホンダ新型「レジェンド」の「SPORT HYBRID SH-AWD」フロント画像、画像はアメリカ版のアキュラRLXのフロント少し横から、横から見るとボンネットが分厚く感じる、全体的にはいかにもアメリカで好まれそうなデザインだと思う、やはり少し大味な感じである、画像はメーカーサイトより拝借


↑ ホンダ新型「レジェンド」の「SPORT HYBRID SH-AWD」サイド画像、ではなくてアメリカ版のアキュラRLX、ボンネットからトランクリッドまで先代のBMW5シリーズの香りがする、日本仕様のタイヤホイールは245/40R19、画像はメーカーサイトより拝借


↑ ホンダ新型「レジェンド」の「SPORT HYBRID SH-AWD」リア画像、ではなくてアメリカ版のアキュラRLXのリア、マフラーは見当たらないので隠すタイプ、テールランプは少しだけ日産の匂いがする、エンブレムが無ければどこの車か分からない、画像はメーカーサイトより拝借



↑ ホンダ新型「レジェンド」の「SPORT HYBRID SH-AWD」ヘッドランプ画像、「ジュエルアイLEDヘッドライト」とネーミングされ凝った機構を採用している、LEDから発した光は2回反射して照射される、上の画像では左の縦1列がハイビームで残りはロービームとなる、点灯しても消灯してもキラキラ感を出している、画像はメーカーサイトより拝借



このハイブリッドシステムの出来がホンダのこれからのハイエンドモデルの方向性を左右する非常に重要なモデルとなる。今回の新型レジェンドの価格は680万円と付けられているのだが、ユーザーはこの価格にどう反応するだろうか。技術面、マーケティング面の両方からホンダにとっては試金石となる車に違いない。


今回はこのへんで


では



ポチっと応援お願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ポチポチっと応援お願いします

人気ブログランキングへ

ホンダ「Civic Sport」ヨーロッパで公開

2014/9/25
ホンダはパリモーターショーで「Civic Sport」を発表する予定だ。

この「Civic Sport」はヨーロッパでのみ発売されている5ドアハッチバックをベースとしているところは、もうすぐ登場する「Civic Type-R」と同様だ。シンプルに考えれば「Civic Type-R」の外観重視モデルと考えれば分かりやすい。

エンジンは2種あり、1.6Lのディーゼル120PS、1.8Lのガソリン142PSが予定されている。公表されているスペックはあまり多くないので外観を中心に見てみよう。


↑ ホンダ「Civic Sport」のフロント画像、なかなかアグレッシブな外観をしている、フロントバンパーと開口部が結構いかつい、ライトにはデイタイムランニングライトが内臓、フェンダーには樹脂製のフレアが付いている、画像はネット上から拝借



↑ ホンダ「Civic Sport」のサイド画像、ホイールは17インチリアにはスポイラーも付く、さすがにフェンダーには穴は開いていないのでこれでType-Rとは区別がつく、画像はネット上から拝借



↑ ホンダ「Civic Sport」のリア画像、ハッチバックにはスポイラー付きだがType-Rほど大きくは無い、バンパー下にはデフューザーが付くが形だけのもの、マフラーは画像からは見えない、こうして見るとなんちゃってType-Rであることが良く分る、画像はネット上から拝借



↑ ホンダ「Civic Sport」のホイール画像、ホイールのデザインは良いと思う、ブレーキは通常のキャリパーで特に大きくは無いディスク径は16インチくらいか、樹脂製のフェンダーフレアはなぜ付いているのだろう、このあたりはイマイチな印象を受ける、画像はネット上から拝借



↑ ホンダ「Civic Sport」の室内画像、外観からすると内装はそれほど過激ではなく通常のモデルのようだ、あまりゴチャゴチャしてなくてシンプルな所が売りか、センターコンソールに収まる車載機器はAndroidで動いているらしい、Androidと聞けばスマホをそのまま登載している感がある、画像はネット上から拝借



↑ ホンダ「Civic Sport」のドライバー目線画像、ステアリングは太くて小径だ、純粋なスポーツモデルではないがメーター類が非常に煩いもっとシンプルにならないものだろうか、全体的には非常に落ち着いた内装だ、センターコンソールの車載機器にGoogleのロゴが出ている、画像はネット上から拝借




ホンダ「Civic Sport」はエンジンや駆動系に見るべきところは無いが、外観は上手くまとまっていて、これはこれで良いのではないかと思う。ヨーロッパでもこうした外観をチューニングしたクルマが受けるのだろうか。それよりも早く「Civic Type-R」を出してほしいものだ.ひょっとしたらこれが前哨戦なのかもしれない。



今回はこのへんで


では





ポチっと応援お願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ポチポチっと応援お願いします

人気ブログランキングへ

Acuraって鉄仮面、なんで?

ホンダの高級ブランドがAcura(アキュラ)ってのはご存じの通りなのだが、日本ではお目にかかれないので全く縁が薄い。

そして日産のインフィニティーはやっと日本でもスカイラインがとりあえずって形で出てきたので名前は良く出てくるようになったが、あたり前だが存在感が無い。これに対してトヨタのレクサスだけが日本でも展開していて目にする機会も多いし実際にディーラを訪れることができる。

そんなアキュラってどんな車があるのか全く知らないので調べてみた。するとモデル名はレクサスのようにアルファベットの意味のない羅列だ。ILX/TLX/TL/RSX/RDX/MDXとなっている。日本人的感覚では少々わかりにくいネーミングだ。そして注目すべきはその顔付なのだ。
まずは次の画像を見ていただきたい。


なんとその顔つきが全て鉄仮面のようなのだ。たぶんグリルの上半分を占めるクロームの装飾パーツがそう思わせるのかもしれない。他社のプレミアムブランドと比較してもこの顔つきは徹底している、北米ではこういったデザインが受けるのだろうか。
北米では最初に紹介した日本のプレミアムブランドのレクサス・インフィニティーの他にもメルセデス・BMW・アウディもあるので各社力の入った車作りをしている。その中でもこの鉄仮面ぶりは際立っているように思う。アキュラもそのうちに日本に導入されるのだろうか。


今回はこのへんで


では


ポチっと応援お願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ポチポチっと応援お願いします

人気ブログランキングへ

ホンダ新型「オデッセイ」の走りはどうなのか?

ホンダが今までのコンセプトをかなぐり捨ててフルモデルチェンジした新型「オデッセイ」であるが、発売開始後1か月間のセールスは非常に好調で12000台の受注があり、これは計画の3倍の数値なのだそうだ。またその内訳は素のオデッセイとアブソルートの比率が13対87となっている。

気になるのはその走りの印象だ。先代まではミニバンではあるけど走りが良いというコンセプトだっただけに、今回の新型「オデッセイ」では実際どのような走りなのか気になるところ。メディアに試乗記が出始めているのでそこから読み取ってみよう。

まずエンジンだが2.4リッター直4が搭載される。チューニングは2種類あり190ps(直噴)のアブソルート用とその他グレード用175psである。ホンダにとってアブソルートというグレードは何か特別なのかいつも異なったチューニングを施しているが、それは今回も同様だ。アブソルートはエンジンのチューニングも異なるが足回りのチューニングも異なる。すなわちスポーティーグレードであるという位置付けだ。



ホンダ新型「オデッセイ」アブソルート スペック

サイズ:全長4,830mm×全幅1,820mm×全高1,685mm
車両重量:1,810kg
ホイールベース:2,900mm
乗車定員:7人
駆動方式:FF
最小回転半径:5.4M
エンジン:2356cc水冷直列4気筒横置直噴
使用燃料:レギュラー
燃料タンク容量:55L
最高出力:190PS/6400rpm
最大トルク:237Nm/4000rpm
ミッション:CVT
燃費:13.6km/L(JC08)
車両本体価格(税込):3,154,000円
足回り:前マクファーソン、後トーションビーム、ザックス社ダンパー


↑ ホンダ新型「オデッセイ」アブソルートのタイヤホイール、アブソルートの中でもグレードにより215/55R17と225/45R18がある画像は18インチのモノ、ミニバンもペッタンコのタイヤを履くようになった、これだけのタイヤを履けばかなりのコーナリングフォースは発揮できるかもしれないが上屋の重いミニバンだから全体のバランスを取るのが難しいのだろうと思う、それよりも耐荷重が気になるところ、画像はネット上から拝借



↑ ホンダ新型「オデッセイ」アブソルートのエンジンルーム、2.4Lの直噴エンジンを積み190PSを発揮する、レギュラーを使用し燃費は14.0km/Lとなる、ミッションはCVTのみでアブソルートはパドルシフトが付く、エンジンについてはなかなか気持ちの良いエンジンのようだ、CVTミッションはCVTらしくぬめーっと変速して今時のダイレクト感が少ないよう、個人的にはこういったミニバンにパドルシフトは不要だと思うのだ、画像はネット上から拝借




↑ ホンダ新型「オデッセイ」アブソルートのコーナリングフォーム前から、結構な高速コーナーだと思われるがロールが少ないのが印象的だ、アブソルートはリアサスの落ち着きが良いようでこういった高速コーナーでも怖くない模様、こうした怖くないという感覚はミニバンには重要なことだ、ただ足回りは結構固いらしくそこは好みが分かれるところだろう、画像はネット上から拝借



↑ ホンダ新型「オデッセイ」アブソルートのコーナリングフォーム後ろから、後から見てもロールは少ないしステアリングの切込みも最小限でアンダーステアは軽いようだ、コーナリングはミニバンとしてはかなりの水準に達しているのではないだろうか、あとは乗り心地やら快適性とのバランスを個人個人がどう判断するかだ、画像はネット上から拝借



↑ ホンダ新型「オデッセイ」アブソルートを横から、改めて横から見ると今までのオデッセイのイメージが全く無い、我々も全く別の車と考えたほうが良いかもしれない、しかし日本ではミニバンにもスポーティーさを求める、これは他の人と異なる個性を求めるためなのかそれとも本当に走行性能を重視した結果なのかそこが気になるところ、画像はネット上から拝借




ホンダ新型「オデッセイ」アブソルートについては期待を裏切らない走りの性能を持っているようだ。しかしそのためか非常に固い脚に仕上がっているようで、それをミニバンとしてどう評価するかが買う人により分かれるだろう。
今回車自体のコンセプトを方向転換してきたが、その制約の中でも走りの性能をある程度維持できたわけだ。これはミニバンに利便性とスポーティーさの両方を求める、ある意味贅沢な要望を実現した訳だがこれがそれなりの高いレベルでバランスさせていることが凄いと思う。
やはり車は基本性能が大事なのだと改めて思った次第である。




今日はこのへんで

では



ポチっと応援お願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ポチポチっと応援お願いします

人気ブログランキングへ
広告