ラベル FIAT の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル FIAT の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

新型「パンダ」、日本でもうすぐ発売!:その2 実物はかわいい

新型パンダについては以前に書いたが、通勤経路上にフィアット販売店があるので、パンダ情報を求めて寄ってみた。

セールスマン氏とお話ししていて、まだ発売日では無かったことにこの時初めて気が付いた、いやーお恥ずかしい。でも収穫は沢山あった。

実は「今日入ってきたばかりです」という実物パンダが置いてあったのだ。少しだけ見学させていただいたので内容を少し。概ね事前情報の通りだが、新たに判明したこともある。

実際に拝見させていただいたパンダ個体は右ハンドルのターコイズだった。
個人的に一番気になるブレーキのマスターバックの位置は左(残念)、これはフィアット500と同様だ。
ステアリングとペダル位置はかなりマトモ、特に左右にオフセットも無く自然なレイアウト、ステアリングはチルトのみだ。ペダル辺りは2べダルでも狭いのでMTはかなり苦労しそうな感じだった(やはり今のところ導入は無いようだ)。

運転席に座るとポジションはアップライトな感じで視界が良い、私の場合心配な頭上のクリアランスも十分だ。運転席にはハイト調整が付き、前後スライドの長さも十分で足りないという事は無かった。運転席でポジションを合わせて後席に座ってみたが、この状態では後席足元はミニマムで座るのがやっとという感じだった。
事前情報での変な形のサイドブレーキレバーだが、これはそのままの形でプッシュボタンの位置も左ハンドル車と同じだった(少し手抜きだと思う)。
ワイパーはちゃんと右ハンドル仕様で、左右のブレードの大きさが大きく異なる今時のものだった。

オプションでルーフレールのカバー、ドアミラーのカバー、ホイールのセンターキャップ等がありカラーを変更できて楽しそうだ。
今回画像は遠慮した、ディーラーさんによると発売前(6/1ということだ)なのでメーカーのチェックが厳しいらしい。
今なら新型パンダ契約第1号ですよ、という声に見送られて後にしたのでした。

↑ 新型パンダの給油口、これがスマートフューエルシステムというキャップの無い仕組み、キャップが無くて一方通行の弁のような仕組みだ、色はスイートドリームターコイズ、全体の画像はディーラーさんの意向で発売前なので無し

追記
後日お店の前を通りかかったら、外にパンダが置いてあった。何だかなぁのディーラーさんでした。


今日はこのへんで

では



ポチっと応援お願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ポチポチっと応援お願いします

人気ブログランキングへ

新型「パンダ」、日本でもうすぐ発売!

以前ヨーロッパで新型パンダが発売になった時に紹介したのだが、やっと日本でも発売になった。

↑ 新型FIAT「PANDA」、デザインは既報の通りだが個人的にこの色が結構お気に入り、画像は本国のメーカーサイトより拝借したがアルミホイールが異なる


ざーっと半年遅れではあるがちゃんと右ハンドルで日本へやってきた。さっそくスペックを見てみることにしよう。

全長:3,655mm
全幅:1,645mm
全高:1,550mm
ホイールベース:2,300mm
車両重量:1,070kg
エンジン:直列2気筒8バルブ マルチエア インタークーラー付ターボ875cc
最高出力:85馬力/5,500回転
最大トルク:14.8kgm/1,900回転
駆動方式:FF
ミッション:ATモード付5速シーケンシャル「デュアロジック」
サスペンション:前ストラット式、後トーションビーム式
ブレーキ:前ディスク、後ドラム
タイヤ:185/55R15
燃費:JC08モード18.4km/L
タイヤ:アルミホイール+185/55R15
安全装備:ABS+EBD、ESC(ASR、HBA、HHS、MSR)

↑ 新型FIAT「PANDA」、後ろ姿もスッキリしたデザインで良い感じ、使いやすそうなボディーの形状だ、画像は本国サイトより拝借したがこの色は日本では設定が無いのでお間違えの無いように


スペックを見ているとエンジンとミッション関連はFIAT500とほぼ同一だ。ボディーもエンジンパワーに見合うようにこの形状からは非常に軽量で1,070kgに仕上がっている。
安全装備はフル装備でエアバッグはウィンドー用まで付くし、ESCも充実、惜しいのは衝突防止装置が付いていないことだけだ。

↑ 新型FIAT「PANDA」の室内、画像はサイドブレーキだと思うが珍しい形をしている、画像は本国サイトより拝借したので日本仕様はどのようになっているのだろうか?


デザインも良いし非常にコンパクトで取り回しも良さそう(最小回転半径の記述が無いが)、そして燃費もまずまずだし価格もリーズナブルなので実用車としては気になる1台だ。4×4は導入が無いとのことだがココも気になるところ、寒冷地では日常使いの車としての良い選択肢だと思うのだが。
ただ気になるのは渋い色が多くて、もう少し明るめの色も用意したらよいのではないかと思う。
一度試乗をしてみたいと思う。

↑ 新型FIAT「PANDA」の室内、助手席シートを前倒しするとテーブル代りに使用できそうだ、イタリア車も結構細かいところを気にしている、画像は本国サイトより拝借したのでこれも日本仕様ではどのようになっているのか不明だ

↑ 新型FIAT「PANDA」のスマートフューエルシステム、画像はキャディラックのサイトより拝借したがクライスラーが採用しているシステムがFIATにも装備されたようだ、これはフューエルキャップを省略して弁のようなモノが付いているシステムでキャップを開けたり閉めたりしなくても良いので便利そう


今日はこのへんで

では


ポチっと応援お願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ポチポチっと応援お願いします

人気ブログランキングへ
広告